2013年2月20日水曜日

2月新刊のご紹介

今年の冬は寒いですね。
北米でも猛烈な寒波だとか。
アメリカといえば、再選したオバマ大統領が「脳活動マップ解明」という10年がかりの大プロジェクトを立ち上げるというニュースがありました。正式発表は3月とか。楽しみですね。
ではさっそく今月新刊をご紹介いたします。




1冊目は『ヒッグス粒子の発見──理論的予測と探求の全記録』。「神の粒子」を追い求めた科学者たちの半世紀にわたる熱き戦いを英国最優秀科学ジャーナリストが活写する!興奮の科学ノンフィクション。

2冊目は『高校数学でわかる相対性理論──特殊相対論の完全理解を目指して』。時間が遅くなったり、長さが縮んだり……時空の概念を大きく変えた理論をもう一歩深く理解したい人のために。

3冊目は『海はどうしてできたのか──壮大なスケールの地球進化史』。将来は海が消える!? 原始海洋が数々の大事件を経て「母なる海」と変容した46億年の地球史を紐解く!

最後4冊目は『元素111の新知識 第2版増補版──引いて重宝、読んでおもしろい』。累計15万部の定番ロングセラー『元素111の新知識』に、新たに112~118番元素と新元素発見の展望を加えた最新版。


詳しい内容紹介は講談社BOOK倶楽部の公式サイトから。
↓こちら↓