2013年1月22日火曜日

1月新刊のご案内

ブルーバックスも今年で創刊から50年。創刊は1963年9月20日です。
昨年に引き続き、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ではさっそく今月新刊をご紹介いたします。





1冊目は村山斉著『宇宙になぜ我々が存在するのか──最新素粒子論入門』。ベストセラー『宇宙は本当にひとつなのか』に続く最新作。宇宙の見方が変わる最新素粒子論を優しく楽しく語っています。発売即増刷で5万部突破!

2冊目は『ゲノムが語る生命像──現代人のための最新・生命科学入門』。著者・本庶佑さんは昨年ロベルト・コッホ賞を受賞した日本を代表する世界的な分子生物学者。この1冊で幅広い生命科学の最前線を一望できます。

3冊目は『新しいウイルス入門──単なる病原体でなく生物進化の立役者?』武村政春著。生物進化にウイルスが深く関わっていた?インフルエンザやノロウイルスといった身近な存在に触れながら、新しいウイルス像を解説します。

最後4冊目『実例で学ぶExcelVBA──定番プログラムを使いこなす』。お手本を知りながら「定番」のプログラムに慣れていくと確実に上達できる!思い通りにプログラミングしたい人のために。

詳しい内容紹介、目次などはブルーバックス公式サイトをご覧ください。既刊書の検索もできます。




2013年1月8日火曜日

【イベント情報】東日本大震災『石巻災害医療の全記録』著者・石井正さん講演会


東日本大震災で地域医療に奔走した医師、ブルーバックス『石巻災害医療の全記録』著者の石井正さんが下記のとおり無料講演を行います。場所は群馬県館林市ですので、近隣地域の方への限定情報になりますが、ご関心のある方はぜひ!




東日本大震災で最大の犠牲者を出した石巻市は行政や医療機関も機能が麻痺。状況不明の避難所300ヵ所、いつまでも減らない大量の急患数……かつてない巨大災害にどう立ち向かえばいいのか。宮城県災害医療コーディネーターである石井医師に、「石巻医療圏」22万人の命はに託されました。空前の大組織「石巻圏合同救護チーム」を指揮して立ち向かった石井医師は、どのようにして地域の医療崩壊を救ったのか。

災害医療のモデルケースとして、後にNHKをはじめテレビ・新聞に取り上げられた石井医師の7ヵ月にわたる取り組みを記録したのが本書です。下記講演とあわせてご覧ください!

本の詳しい情報はこちらから。



【講演会情報】

第7回館林邑楽医療フォーラム
災害医療への取り組み~3.11から学ぶ

特別講演 石巻医療圏における東日本大震災への対応
  講師 石井正氏
     国立大学法人東北大学病院教授
     石巻赤十字病院病院長特別補佐
     宮城県災害医療コーディネーター

(講演会前半に医師、看護師、救命救急士による
地域の災害医療の取り組みについての現状報告があります)

日時 平成25年2月2日(土)
開場時間 13:00~
講演時間 13:30~16:30
会場 館林市三の丸芸術ホール
定員 先着500名(直接会場にお越しください)
参加費無料
主催 館林厚生病院
問合せ先 事務局 館林厚生病院総務課 電話0276-72-3140