2012年11月19日月曜日

11月新刊のご紹介


ブルーバックスの電子書籍第一弾52点が、11月16日から配信開始しました。図表や数式の多いブルーバックスを電子化するにあたっては検討しなくてはならないポイントがあったのですが、ひとまず今回の配信となりました。

詳しくはこちらまで
出版デジタル機構のプレスリリース
ブルーバックス公式ページでの紹介

それとFacebookページも始めました。電子化、新刊の紹介以外にも、著者関係の情報やいろいろな科学の話題をアップしていくつもりです。
フェイスブックページはこちら

ではさっそく今月新刊をご紹介いたします。(タイトル先頭のB番号はブルーバックスのシリーズ通しナンバーです)


B1792

二重らせん
DNAの構造を発見した科学者の記録

ジェームス・D・ワトソン
江上不二夫/中村桂子 訳

DNAの二重らせん構造はどのように発見されたのか
共同発見者のフランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスらとの出会いから、「多才な巨人」ライナス・ポーリングの猛追をかわして、二重らせん構造の発見にいたるまでの、その舞台裏をワトソン博士が赤裸々に綴った感動のドキュメント。





B1793

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」
「パラグラフ・ライティング」入門

倉島保美

ロジックと認知心理学に基づいた「読ませる文章」の極意
必要な情報がきちんと伝わる──そんな文章を書くにはパラグラフの概念が重要。欧米では学生時代に徹底的に訓練される「パラグラフ・ライティング」の技法を、7つのポイントで分かりやすく解説。今日から使えるテクニック満載!







B1794

いつか罹る病気に備える本
100の病気への不安が軽くなる基礎知識

塚崎朝子

大事なのは病気の予防と早期発見
人はいつか病気に罹るもの。高血圧、糖尿病、白内障から脳卒中、認知症、心筋梗塞、がん、うつ病まで。いろんな病気が貴方や親しい人の身に襲いかかります。でも、日頃から気をつけていれば、避けられるものも少なくありません。本書は、よくある病気の基礎知識を身につけて、予防と早期発見に役立てるための一冊です。