2013年3月28日木曜日

3月刊のご案内

桜に見惚れているうちに、3月も残すところあと3日。
卒業や入社など、別れと出会いの季節ですね。
ちょっと遅めの新刊紹介になりましたが、3月は4点です。




1冊目は、現役のブルーバックスでは2番目に厚い768ページの大著! 『新・天文学事典』です。話題のダークマターや最新の宇宙生物学まで、見て楽しめるカラー事典。第一線の研究者が、やさしく詳しく解説します。

お次は『ジムに通う人の栄養学』。この春からダイエットや体力向上のためにスポーツジムに通いはじめる人も多いはず。運動する際に不可欠の、栄養と食事の知識をわかりやすく伝える入門書。

3冊目は、『算数オリンピックに挑戦 `08~`12年度版』。一流の数学者や算数教育者からなる出題陣が、単なる計算力や暗記力ではなく、発想の豊かさと洞察力の鋭さを問う良問集です。「子どもに解けて、大人に解けない問題」ってどんなの?

最終4冊目は『物理がわかる実例計算101選』。“封筒の裏の物理”という言葉をご存じでしょうか? 大づかみに計算して物理現象を理解することを意味する英語の表現で、手元の紙切れ(それは往々にして封筒の裏だったりする)に概算することから来ているとか。物理学の定量的なアプローチの威力がわかる、名著待望の邦訳です。

詳しい内容紹介は講談社BOOK倶楽部の公式サイトから。
↓こちら↓

2013年2月20日水曜日

2月新刊のご紹介

今年の冬は寒いですね。
北米でも猛烈な寒波だとか。
アメリカといえば、再選したオバマ大統領が「脳活動マップ解明」という10年がかりの大プロジェクトを立ち上げるというニュースがありました。正式発表は3月とか。楽しみですね。
ではさっそく今月新刊をご紹介いたします。




1冊目は『ヒッグス粒子の発見──理論的予測と探求の全記録』。「神の粒子」を追い求めた科学者たちの半世紀にわたる熱き戦いを英国最優秀科学ジャーナリストが活写する!興奮の科学ノンフィクション。

2冊目は『高校数学でわかる相対性理論──特殊相対論の完全理解を目指して』。時間が遅くなったり、長さが縮んだり……時空の概念を大きく変えた理論をもう一歩深く理解したい人のために。

3冊目は『海はどうしてできたのか──壮大なスケールの地球進化史』。将来は海が消える!? 原始海洋が数々の大事件を経て「母なる海」と変容した46億年の地球史を紐解く!

最後4冊目は『元素111の新知識 第2版増補版──引いて重宝、読んでおもしろい』。累計15万部の定番ロングセラー『元素111の新知識』に、新たに112~118番元素と新元素発見の展望を加えた最新版。


詳しい内容紹介は講談社BOOK倶楽部の公式サイトから。
↓こちら↓


2013年2月1日金曜日

発表! 21世紀ベスト10

今回は、21世紀に入ってからのブルーバックス売り上げベスト10を発表します。
時代により、どんなテーマが売れるのかに変化が感じられるかと思いますので、
両ランキングを比べてみるのも面白いかも。
(部数は概算、年は初版年、同部数での順位の差は端数の違いです)。



★★★1位:24万部(2001年)★★★
記憶力を強くする
最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
池谷裕二=著 定価:1,029円(税込)
神経科学の進歩によって記憶のメカニズムが解明されつつある。
シナプス可塑性、LTPなどの最先端の研究を交えて、科学的記憶力増強法を解説。

★★2位:20万部(2002年)★★
「分かりやすい説明」の技術
最強のプレゼンテーション15のルール
藤沢晃司=著 定価:840円(税込)
会議で主張が分かってもらえない。部下が指示通りに動いてくれない。
お客様にうまく説明できない――。説明下手な人たちに贈る、説明術の極意書。

★3位:16万部(2007年)★
進化しすぎた脳
中高生と語る〔大脳生理学〕の最前線
池谷裕二=著 定価:1,050円(税込)
大脳生理学の最先端の知識を駆使して、記憶のメカニズムから、
意識の問題まで中高生を相手に縦横無尽に語り尽くす。マスコミ絶賛の話題作。

●4位:14万部(2005年)
計算力を強くする
状況判断力と決断力を磨くために
鍵本聡=著 定価:840円(税込)
計算の速い人は答えや結果を予測し、素早い判断と決断ができる。
生活やビジネス、入試などのさまざまな場面で役に立つ計算テクニックを伝授。

●5位:12万部(2004年)
大人のための算数練習帳
論理思考を育てる文章題の傑作選
佐藤恒雄=著 定価:903円(税込)
「鶴亀算」「植木算」「旅人算」。算数で習った文章題は、物事を柔軟に
かつ論理的に考えるには最適。論理思考の差がつく練習問題が満載。

●6位:11万部(2005年)
マニュアル不要のパソコン術

パソコンをもっと快適に使うひと工夫
朝日新聞be編集部=編 (現在、在庫がない状態です)

●7位:11万部(2001年)
化学・意表を突かれる身近な疑問
昆布はなんでダシが海水に溶け出さないの?
日本化学会=編 定価:840円(税込)
言われてみれば・・・なぜだろう? 暮らしのなかで出会う意外な
疑問を集めて謎解き。
ビールはなぜペットボトルに入ってないの? など全70項目。

●8位:10万部(2004年)
『「分かりやすい文章」の技術
読み手を説得する18のテクニック
藤沢晃司=著 定価:840円(税込)
読んでもらえる、主旨をわかってもらえる、説得できる文章とは?
文章下手で誤解されているあなたに、プレゼンテーションの鉄人が教える極意!

●9位:10万部(2011年)
宇宙は本当にひとつなのか
最新宇宙論入門
村山斉=著 定価:861円(税込)
宇宙の約96%を占める暗黒物質と暗黒エネルギー。その正体を
突き止めていくうちに不可思議な現象にぶち当たる。宇宙論の最前線。

●10位:9万部(2001年)
算数パズル「出しっこ問題」傑作選
解けて興奮、出して快感!
仲田紀夫=著 定価:788円(税込)
「うそつき村と正直村」、「ニセ金貨さがし」など、友だちや家族、
同僚と出し合って楽しめば必ず盛り上がる傑作中の傑作60題を厳選。

--**--**--**--**--

これからも、科学のたゆまぬ進歩の成果をみなさまに
わかりやすく面白く伝える、という創刊の精神を忘れず、
部員一同がんばってまいります。
応援よろしくお願いいたします!

2013年1月22日火曜日

1月新刊のご案内

ブルーバックスも今年で創刊から50年。創刊は1963年9月20日です。
昨年に引き続き、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ではさっそく今月新刊をご紹介いたします。





1冊目は村山斉著『宇宙になぜ我々が存在するのか──最新素粒子論入門』。ベストセラー『宇宙は本当にひとつなのか』に続く最新作。宇宙の見方が変わる最新素粒子論を優しく楽しく語っています。発売即増刷で5万部突破!

2冊目は『ゲノムが語る生命像──現代人のための最新・生命科学入門』。著者・本庶佑さんは昨年ロベルト・コッホ賞を受賞した日本を代表する世界的な分子生物学者。この1冊で幅広い生命科学の最前線を一望できます。

3冊目は『新しいウイルス入門──単なる病原体でなく生物進化の立役者?』武村政春著。生物進化にウイルスが深く関わっていた?インフルエンザやノロウイルスといった身近な存在に触れながら、新しいウイルス像を解説します。

最後4冊目『実例で学ぶExcelVBA──定番プログラムを使いこなす』。お手本を知りながら「定番」のプログラムに慣れていくと確実に上達できる!思い通りにプログラミングしたい人のために。

詳しい内容紹介、目次などはブルーバックス公式サイトをご覧ください。既刊書の検索もできます。




2013年1月8日火曜日

【イベント情報】東日本大震災『石巻災害医療の全記録』著者・石井正さん講演会


東日本大震災で地域医療に奔走した医師、ブルーバックス『石巻災害医療の全記録』著者の石井正さんが下記のとおり無料講演を行います。場所は群馬県館林市ですので、近隣地域の方への限定情報になりますが、ご関心のある方はぜひ!




東日本大震災で最大の犠牲者を出した石巻市は行政や医療機関も機能が麻痺。状況不明の避難所300ヵ所、いつまでも減らない大量の急患数……かつてない巨大災害にどう立ち向かえばいいのか。宮城県災害医療コーディネーターである石井医師に、「石巻医療圏」22万人の命はに託されました。空前の大組織「石巻圏合同救護チーム」を指揮して立ち向かった石井医師は、どのようにして地域の医療崩壊を救ったのか。

災害医療のモデルケースとして、後にNHKをはじめテレビ・新聞に取り上げられた石井医師の7ヵ月にわたる取り組みを記録したのが本書です。下記講演とあわせてご覧ください!

本の詳しい情報はこちらから。



【講演会情報】

第7回館林邑楽医療フォーラム
災害医療への取り組み~3.11から学ぶ

特別講演 石巻医療圏における東日本大震災への対応
  講師 石井正氏
     国立大学法人東北大学病院教授
     石巻赤十字病院病院長特別補佐
     宮城県災害医療コーディネーター

(講演会前半に医師、看護師、救命救急士による
地域の災害医療の取り組みについての現状報告があります)

日時 平成25年2月2日(土)
開場時間 13:00~
講演時間 13:30~16:30
会場 館林市三の丸芸術ホール
定員 先着500名(直接会場にお越しください)
参加費無料
主催 館林厚生病院
問合せ先 事務局 館林厚生病院総務課 電話0276-72-3140



2012年12月27日木曜日

歴代ベストセラーランキング はたして第1位は……!?


ブルーバックスは来年で創刊50周年。新書としては、岩波新書、中公新書に次ぐ老舗です。ちょっと驚きですよね。その50年の歴史、1800冊に及ぶタイトルの中から、発行部数ベスト20をご紹介します。はたして第1位に輝いたのは……!?
(部数は概算、年は初版年、同部数での順位の差は端数の違いです)




●20位 23万部:1964年
『こんなことがまだわからない』科学を困らす24のナゾ
相島敏夫/丹羽小彌太 著
(現在、在庫がない状態です)

●19位:24万部(1968年)
『推計学のすすめ』決定と計画の科学
佐藤信=著 定価:903円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1177168

●18位:24万部(2001年)
『記憶力を強くする』最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
池谷裕二=著 定価:1,029円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573156

●17位:25万部(1969年)
『重力の謎』一般相対性理論入門
ペーター・G・ベルグマン=著 谷川安孝=訳
(現在、在庫がない状態です)

●16位:25万部(1967年)
『確率の世界』チャンスを計算する法
ダレル・ハフ=著 国沢清典=訳
(現在、在庫がない状態です)

●15位:25万部(1970年)
『不確定性原理』運命への挑戦
都筑卓司=著
現在は「新装版」となっています 定価:987円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573857

●14位:25万部(1972年)
『新・パズル物理入門』常識を破ってみよう
都筑卓司=著
(現在、在庫がない状態です)

●13位:26万部(1974年)
『相対論的宇宙論』ブラックホール・宇宙・小宇宙
佐藤文隆/松田卓也=著
(現在、在庫がない状態です)

●12位:26万部(1968年)
『相対論はいかにしてつくられたか』
L・バーネット=著 中村誠太郎=訳
(現在、在庫がない状態です)

●11位:31万部(1969年)
『電気に強くなる』
橋本 尚=著
(現在、在庫がない状態です)

●10位:32万部(1971年)
『タイムマシンの話』超光速粒子とメタ相対論
都筑卓司=著
現在は新装版となっています 定価:945円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573881

●9位:32万部(1968年)
『統計でウソをつく法』数式を使わない統計学入門
ダレル・ハフ=著 高木秀玄=訳 定価:924円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1177206

●8位:32万部(1965年)
『計画の科学』どこでも使えるPERT・CPM
加藤昭吉=著 定価:861円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1176358

●7位:32万部(1970年)
『マックスウェルの悪魔』確率から物理学へ
都筑卓司=著
現在は新装版となっています 定価:1029円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573849

●6位:34万部(1967年)
『量子力学の世界』はじめて学ぶ人のために
片山泰久=著(現在、在庫がない状態です)

●5位:36万部(1968年)
『パズル・物理入門』楽しみながら学ぶために
都筑卓司=著
現在は「新装版」となっています 定価:987円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573814

●4位:58万部(1969年)
『四次元の世界』超空間から相対性理論へ
都筑卓司=著
現在は新装版となっています 定価:987円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573806

★ 3位:63万部(1966年)★
『相対性理論の世界』はじめて学ぶ人のために
J・A・コールマン=著 中村誠太郎=訳 定価:861円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=117679X

★★ 2位:63万部(1975年)★★
『ブラックホール』宇宙の終焉
J・テイラー=著 渡辺 正=訳
(現在、在庫がない状態です)

★★★ 1位:76万部(1998年)★★★
『子どもにウケる科学手品77』簡単にできてインパクトが凄い
後藤道夫=著 定価:861円(税込み)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2572346

----------------------------------------
 1960年代の書目が多いなかで、21世紀に入ってから刊行された『記憶力を強くする』が目をひきます。8位の『計画の科学』は通巻番号35(35冊目のブルーバックス)なのですが、いまだに健在です。また、都筑卓司さんが果たしていただいた貢献の大きさをあらためて思い知らされます。4位から2位にハードなテーマが並びながら、1位が「手品」というのも面白いですね。では、いよいよ来年は50周年、今後ともブルーバックスをどうかよろしくお願いいたします!
よいお年をお迎えください。


村山斉さん講演会のお知らせ


村山斉さん新刊『宇宙になぜ我々が存在するのか』講演会のお知らせ

新刊出版記念・ブルーバックス創刊50周年イベントとして、村山斉先生の講演会&サイン会を開催します。お申込み方法は下記。ご興味おありの方はぜひ!

日時:平成25年1月17日(木)
   19:00~(18:30開場)

会場:三省堂書店神保町本店8階 特設会場

問い合わせ先:三省堂書店神保町本店5階
    電話:03-3233-3312(代)

2013年1月17日発売の本書をご予約、またはお買い上げのお客様から先着100名様に2階、5階レジカウンターにて整理券を配布しております。